サラリーマン筋トレのブログ

週2回の筋トレで生きていく

トップサイドデッドリフトの開始位置を少し下げてみた

こんにちは(^^)/cheesekです

 

トップサイドデッドリフトをやり始めてからおよそ半年が経過し、扱う重量も170kgから210kgへと大幅な進化を遂げました。おかげで背中も進化したようで、背中のボコボコ感が増してきたように思います。

 

そもそもトップサイドデッドリフトを始めたきっかけとしては減量によるパワー不足でした。日々摂取する食事も限られ、日々体重が落ちていくので大きなエネルギーを消費する床引きデッドリフトを続行するのは精神的にきついものがあったからです。

 今は少し前よりも体重が4kg程増え、食事もそれなりに摂っているので筋トレでもそこそこパワーを出せる環境にあります。

 

そこで今日は先々週から始めた僕の新しい取り組みをご紹介しようと思います。

 

 

1.デッドリフトのスタートポジションを少し下げた

つい先々週からデッドリフトの開始位置を少し下げてみました。以前は膝の位置より少し上でしたが、それを膝の下にしたのです。膝の下にすることで、より背中の下部から下半身の筋肉の動員が多くなり、床引きからのデッドリフトの体の使い方に近くなります。

 

f:id:cheesek711:20171207214531p:plain

スタートポジションが膝上から膝下に変わった。20cmくらいの差

もちろん筋トレを終えた後、そして今に至るまでトップサイドデッドリフトとは全く違う場所への筋肉痛が来ました。トップサイドと異なる点はやはり腰やお尻にも筋肉痛が来たという点です。これは昔床引きをしていた頃を思い出すような筋肉痛の感じ方です。

 

2.使用重量も落ちる

f:id:cheesek711:20171207220033j:plain

やはりバーの開始位置を下げると使用重量が下がります。とりあえずは170kgから始めましたが8レップしかできませんでした。トップサイドは210kgで10レップできたところを考えると大幅なダウンです。

 

特に腰の力を使って姿勢を保持するための背中の下方の筋肉の力が必要で、そこに疲労を大きく感じました。

 

 

3.段階的に開始位置を下げていき最終的には床へ

f:id:cheesek711:20171207220432j:plain

僕の最終的な目標は床引きで200kgを1レップ達成することです。これを達成するためには170kgを6~8回引けないといけないそうです。少し余裕を持って達成するためには10回引くことが必要になってくるでしょう。

 

僕の良く見るYOUTUBEチャンネルのカネキンさんもSHOさんもデッドリフトは200kgオーバーなのでやはりそれに追いつきたいと思います!あと200kgという数字にも価値があると思うので達成したいと思います。

 

今後の計画としては今の開始位置で200kgを10レップできるようになったら、次はさらにバーの位置を下げ170kgからスタートします。その位置でも200kg10レップを達成したらいよいよ床引きの位置になります。

 

今回の経験で1段階高さを落とすと重さは30kgダウンするということがわかったので、これを繰り返していけばデッドリフト200kgを達成できるという目論見です。