サラリーマン筋トレのブログ

週2回の筋トレで生きていく

写真を撮るだけでカロリーがわかるアプリ【カロミル】を紹介

こんにちは(^^)/cheesekです。

 

みなさんダイエット時の食事管理ってどうしてますか?僕はざっくりと1食の食事の脂質を10g以下とか糖質を50g以下という風に管理しています。色々とアプリも使ってみたこともあるのですが入力がなかなか面倒なものばかりです。

 

写真でとって勝手にカロリーも計算してくれるアプリってでないかなーと思っていたところ、ついにAI技術の発達により、そんな夢のアプリが開発されたそうです。

 

その名も「カロミル」

 

僕がこのアプリの存在を知ったのはつい最近のことですが、なんと2015年にはリリースされていたみたいです。ただ食事の画像解析技術は去年の夏に実装されたそうです。僕は早速カロミルの有料会員となり使ってみることにしました。(無料でも使える)

 

 

1.画像解析技術でカロリーを簡単計算

カロミルの特徴はなんといっても、写真を撮るだけで何の料理か自動で認識しカロリーや炭水化物、脂質量まで全て自動で計算してくれるというものです。もしそんなことができたらめちゃくちゃ楽ですよね。でも本当に写真を撮るだけでちゃんと認識してくれるのか気になるところです。

 

昨日の晩御飯のおかずは肉じゃがでした。早速肉じゃがをカロミルで分析してもらおうと思います。

 

f:id:cheesek711:20180710094444p:plain

カロミルを起動して肉じゃがを撮影します

 

 

f:id:cheesek711:20180710095147p:plain

画像解析の候補が一覧で表示されるので該当する料理を選択。

肉じゃがは第一候補!しっかり認識されていました!他には大豆の旨煮、大根とこんにゃくの煮物・・・・。色合い的には近い料理っぽいですね

 

f:id:cheesek711:20180710095337p:plain

確認画面に移ります。作った肉じゃがは脂質の少ない豚肩肉で作ったので脂質を少なめにして調整しました。食べた量も半分だったので50%を入力。更新を押して完了。

 

 

2.精度は体感で8割程

今回様々な料理をカロミルで撮影して画像解析にかけてみました。体感としては8割程度はしっかりと認識してくれて入力がとても楽です。写真で撮って出てこなかった料理はどちらかというと、自分のオリジナル料理で世の中に出回っているか微妙なものが多かったです。

 

f:id:cheesek711:20180727123934p:plain

キムチを撮影したが的外れな結果に・・・・



もし画像解析が外れてしまった場合には「メニュー検索」をクリックすれば、自由にメニューを検索することができます。コンビニ弁当やスーパーの食品等も検索でヒットするので世の中の食べ物はある程度網羅されているようです

 

 

 

3.運動量の入力機能もある

筋トレをしている僕たちにとってジムに行ったときのカロリーや、ランや自転車に乗った時のカロリーも計算できるといいですよね。もちろん「カロミル」にはそのような機能が搭載されています。

 

f:id:cheesek711:20180710101257p:plain

 

 

運藤登録では運動のカテゴリーと内容、運藤時間を入力することで消費カロリーをおおまかに計算してくれます。カテゴリーの中にはジムトレも含まれているので筋トレをしている人も使いやすい内容になっています。

 

 

4.カロミルとMyFitnessPalを比較

f:id:cheesek711:20180727140605j:plain

カロミルの競合アプリとして「MyFitnessPal」があがってくるでしょう。

そこでMyFitnessPalと比べてカロミルの良い点悪い点をあげてみました。

 

カロミルの良い点

・写真を撮るだけで食事管理ができるので楽

・検索結果の候補が多くない→すぐ選べる

 

カロミルの悪い点

・画像解析が失敗する時もある

・解析が失敗した場合通常の入力より手間がかかる

・食品のバーコードスキャンに対応していない

 

MyFitnessPalの利点は商品のバーコードをスキャンすると栄養情報を自動で登録してくれることですこれはカロミルに無い機能です。しかしMyFitnessPalで食品を検索すると検索結果にたくさん候補が表示され過ぎてしまいます。僕も以前利用していたのですが、選ぶのがめんどくさくて辞めてしまいました。

 

一方カロミルで食事検索をすると検索候補に表示される数は絞られていて使いやすいです。多少栄養組成が違ってもすぐに編集できるのが楽です。精度は8割程ですが写真を撮るだけで入力ができるのも楽な点だと言えます。本当に細かく栄養を管理しようと思ったら写真を撮ってから多少の編集は必要ですが、ざっくりと管理するのでもいい人は写真を撮って終わりというだけでもいいと思います。僕もそうしてます。

 

5.カロミルの今後に期待

 

カロミル - ダイエット・糖質などの栄養管理

カロミル - ダイエット・糖質などの栄養管理

Life Log Technology, Inc.posted withアプリーチ

カロミルは食事管理アプリの中でも最先端をいく画像解析機能付きのアプリです。写真を撮って摂取カロリーや脂質量などの計算を自動的にしてくれます。しかしバーコードで食品を検索する機能が無いのが難点です。

 

さらに個人的に言えば、オムロン等と協力して体重計で測ったデータをカロミルに自動的に送信してくれる機能もつけてくれるといいです。カロミル自体には体重を入力する機能がついているのですが、やはり毎日の入力はとても面倒なのでそのような機能が欲しいところ。

 

写真で食事解析をしてくれて、バーコードスキャンで栄養も管理、さらに体重計にのっただけで体重も自動的に記帳してくれるならカロミルは隙のないアプリになるでしょう。ちなみにカロミルはFitbitという活動量計とリンクができるので運動で消費したカロリー等は自動的にログできるようになっています。