サラリーマン筋トレのブログ

地方在住サラリーマンです 2人の子供を育てながら筋トレしています 自己ベストベンチ120kg スクワット160kg  デッド180kg

筋トレして運動神経は良くなったのか?筋トレ歴10年目の感想

全国のサラリーマントレーニーの皆さんお疲れ様です!

 

本日のお題は筋トレをしていて運動神経が向上したのかということについてです。

 

私も筋トレを開始して10年近くになりますが、これまで様々なトレーニングをしてきましたし、ケガも2度ほど経験をしそして年齢も重ねてきました。

 

筋トレを始めた当初は24歳、現在の年齢は34歳となります。

果たしてこの10年で運動神経は良くなったのか?感想を書いていきます。

 

 

 

最初の3年は明らかな身体能力の向上を感じられた

筋トレを始めた当初は明らかに自分の身体能力が向上しているのを感じ取れました。

元々運動部ではなかったことも要因なのかもしれませんが、筋力が上がっていき、体が軽くなっていったのを覚えています。

 

具体的に言うとベンチプレスをやることで腕の力が付き、腕で体を支えるのが容易になりました。筋トレして2年くらい経ったときには腕立ても100回以上できたので、(元々は10回もできなかった)寝ている体制から起き上がる動作などが軽くなりました。

 

その他デッドリフトなどもしていたので、重い荷物を床から持ち上げることも軽く感じられるようになっていました。

 

 

筋トレ5年目くらいから体が重く感じるように

実は筋トレを始めて5年くらい経った頃に明らかに体が重く感じるようになりました。

 

要因としては

筋肉がついて体重が増えたこと

筋肉がついて体が硬くなり動きが鈍くなったこと

有酸素運動を怠り心肺機能が低下した事

 

この3つの要因が重なって以前よりも体を動かしにくくなったように感じるようになったのです。

特に体が硬くなったことは大きなことだと思います。ちょっと体を後ろに回したり

するにも筋肉が邪魔して難しかったり、もちろん背中の中央に手を伸ばすことができません。

 

そして心肺機能の低下も大きなことです。日常で生活していてもスタミナが必要な場面というのがたまに登場します。筋トレをするだけでは心肺機能の向上は難しく、日ごろから有酸素運動などを取り入れていく必要がありそうです。

 

筋トレだけでは運動神経はよくならない


www.youtube.com

結局のところ筋トレでは特定の動作の出力を上げるに過ぎない物だと感じます。

総合的な運動能力の向上に影響を与えるものではないようです。

 

筋トレだけをしていると特定動作のパラメータだけ向上していき、その他はトレーニングをしていなければ衰退していきます。主に心肺機能や柔軟性など。

 

つまり総合的な身体能力を上げるには有酸素運動も必要だし、日ごろから入念なストレッチ、柔軟性を向上させるアニマルフローなどのトレーニング様々な角度からのアプローチが必要と考えられます。