サラリーマン筋トレのブログ

週2回の筋トレで生きていく

意外とアイスの脂質が低いのを知っているか?【ダイエット】

こんにちは(^^)/cheesekです

 

今年に入ってからずっと食欲が止まりません!

 

食欲というよりお菓子欲!

 

何を隠そう僕はスイーツ男子。

 

生クリーム大好き。クリーム系のスイーツに目がありません。

 

そんなわけで年明けから1日にスイーツを3回くらい食べていました。

 

もちろん3食もしっかりとったうえでの話。

 

体重ももちろん増加していき69kgだった体重は現在74kg!

 

「腹筋もそろそろ消えそうだし、お菓子減らしていかないとな・・・・」

 

とは言ってもいきなりダイエットするのは大変なので、食べるお菓子を見直してみることにしたんです。

 

今回見直した内容は、今まで食べてたスイーツをアイスに変えること!

 

そしてアイスの回数を1日1~2回程度にすることにしたのです。

 

それではなぜアイスが良い考えたのでしょうか?

 

 

 

1.意外と低脂質なアイス

f:id:cheesek711:20190418110330j:plain

僕がアイスを選んだ最大の理由は他のスイーツに比べて脂質が低いことにあります。

 

といってももちろん和菓子には負けてしまいますが、洋菓子中では圧倒的に脂質が低いのです。

 

例えば僕の大好きな「やわもちアイスーつぶあんミルクカップ」

 

やわもちアイスのつぶあんミルクというと乳脂肪分の割合が10%以上のアイスミルクに分類されます。これはスーパーカップ等の普通のラクトアイスなどと比べるとより脂肪が入っていてクリーミーさが増しててうまいんですよねー。

 

その分脂質も高いはず!

 

しかしやわもちアイスの脂質は1個食べても9gで10gを切ってしまうのです!

 

これがどういうことかというと

 

板チョコを食べれば脂質17g

セブンのシュークリームは脂質14g

ポテチうすしおは脂質21g

ミスドのオールドファッションは脂質21g

 

代表的なお菓子を並べてみましたがやわもちアイスの脂質の低さがわかるでしょうか?

 

さらにやわもちアイスよりも脂質の低いアイスも多数存在しており・・・・

 

純チョコアイスは脂質3.9g

ガリガリ君は脂質0g

棒タイプのしろくまアイスは脂質1.6g

 

やはりアイスは脂質の低いものが多い!

 

ダイエットの時は和菓子なんて言うけど、やっぱり洋菓子系のスイーツが食べたい!

 

そんな時はアイス一択です。ダイエット中でも食べられるアイスが見つかるかもしれません。

 

 

2.もちろん食べすぎには注意

f:id:cheesek711:20190418110430j:plain

比較的脂質の低いアイスとはいえ食べすぎには要注意です。

 

8g程度の脂質のアイスでも日に3本食べれば24g!

 

個人的には2本で16gが限度かな~と思います。

 

1日16gの脂質ならば食事で摂る脂質を30gくらいに抑えればダイエットだってできちゃうくらいです。

 

でもガリガリ君とかなら脂質が0gなので3本食べちゃっても問題無さそうな量ですね。

 

 

 

3.脂質の低いアイスを紹介!

f:id:cheesek711:20190418110623j:plain

それでは脂質の低いアイスには何があるんでしょうか?

今回は10g以下の脂質を基準に紹介していこうと思います。

 

 

雪見だいふく →脂質2.8g(1個)

 

ピノ →脂質2g(1粒)

 

 

 あずきバー→脂質0.3g(1本)

 

牧場しぼりバニラ→脂質7.4g

 

クーリッシュバニラ→脂質6.7g

 

アイスの実→脂質1.2g(1袋)