サラリーマン筋トレのブログ

サラリーマン業の傍ら趣味で筋トレをやっている者です。サラリーマンはとにかく忙しい!週2の筋トレでカッコいいカラダを作っていけないか日々模索中。そこで得たヒントやノウハウを書いていきます!平成生まれ1児のパパです

家トレのデメリット3つー家トレを長く続けている人たちも紹介!

こんにちは(^^)/cheesekです

 

僕は現在24時間ジムに通っています。

 

半年前まではエニタイムに通っていましたが、今は地元で多店舗展開している24時間ジムで筋トレしています。

 

そんな僕は家トレをしていた時代もわずかにありましたが

 

断然ジム派。

 

やはりオシャレで開放的な空間とオシャレな設備が僕のジムライフをさらにアップデートしてくれるのでとても気に入っています。

 

さて、今日はジム派の僕が家トレについてどう考えているかを書いていきたいと思います!

 

 

 

1.設備の問題

f:id:cheesek711:20190315111013j:plain

別に自宅だろうがジムだろうが変わらねえ!家でも筋肉は付く!

 

こういう弘法筆を選ばず的な考えは素晴らしいと思いますし、本質をとらえているとも思います。

 

確かに死ぬ気になれば家トレでもマッチョになることは可能なんじゃないかと思います。

 

でもやはりジムと家では圧倒的に設備が違うのです。

 

ジムではあらゆる筋肉を鍛えるためのマシンが揃っていて、フリーウェイトも充実している。バーベルやダンベルをカチャカチャやっても近所からは苦情も来ないし迷惑をかけることも無い。

 

最高の環境で思う存分筋トレができるわけです。

 

しかし家ではどうでしょう。よっぽど大きい家の人ならあれですが、ほとんどの人はダンベルを家に置いている程度かパワーラックを1台置いてやっているくらいでしょう。

 

パワーラックなら高負荷トレーニングができるのでジムで行う環境により近づけることができるかもしれませんが、やはり気になるのは器具を扱う音。

 

家でデッドリフトをやろうものなら激しい音を出してしまうことは避けられない。

もし静かにやろうとするのなら高重量は扱うことはとても難しいです。

 

そうした配慮をしなければならないことはとてもデメリットだと言えます。

 

そのようなデメリットは筋肉の成長を妨げてしまうでしょう。

死ぬ気でやればジムと変わらない負荷のトレーニングができますが、それはあくまで様々な配慮やジム以上の追い込みがあってこその話。

 

僕はそうした点でジムのほうが圧倒的に効率がいいように思えます。

 

 

2.空間の問題

f:id:cheesek711:20190315111218j:plain

やはりジムと家ではその広さが圧倒的に違います。

 

僕が今住んでいる家は結構モノが無い家なので筋トレをできなくはない環境かもしれませんが、例えばちょっと前までずーっと住んでいた実家ならどうでしょう。

 

やはり実家!ということもあって物がそこそこたくさんあって、ほとんどモノ置き場的な謎の棚もあったりとにかく狭い!

 

サイドレイズをやろうものならちょっとマッスルコントロールをミスれば壁にダンベルが当たって傷ついてしまいそう。

 

広さの問題で色々と配慮しなければならないことがたくさんあります

 

後家で考えなければならないことは高さ!

 

賃貸アパートやマンションの高さの平均は2.4mらしいです。

 

僕も今アパートに住んでいますが175㎝の僕が手を上げるとあと20㎝程で天井に手が付きそうです。もし筋トレをしようものならそこにダンベルの高さが加わってしまうので完全アウトです。

 

筋トレ動画を観てついつい筋トレがやりたくなってショルダープレスをしようものなら天井に穴が空いて余計なお金がかかってしまいますね。

 

空間的な問題でも家トレは配慮しなければならない。やはりそれが筋肉の成長を妨げてしまうのでジムに行けるのなら行った方が良いでしょう。

 

 

3.雰囲気の問題

f:id:cheesek711:20190315111333j:plain

所詮家は家。

僕はそう考えています。

 

これはどういうことかというと、図書館は本を読む場所。学校は勉強する場所。

ゲーセンはゲームをする場所。

 

場所によって目的があるわけです。つまり家はどういう場所なのかというと

くつろぐ場所なのです。

 

もちろん家で勉強もめちゃくちゃ集中できるし、筋トレもできる。仕事も家でやる。と言う人もいるかもしれませんが、大半の人は家で勉強をしようものなら手元にある漫画を読んでしまいますし、筋トレに今日は身が入らないからやーめよっとなるわけです。

 

一方ジムに行けば、やはり筋トレをする気持ちが起きやすいのです。

ジムに行ってスマホいじっておしゃべりして帰るなんて人もいるかもしれませんが、多くの人はそれをもったいないと感じてできるだけそういう行動は避けるはずです。

 

つまりジムに行ってそれなりに成果をだして帰らないとと人間は感じるわけです。

こういう点からもジムに行くのが妥当ということができます。

 

 

 

4.それでも家トレでマッチョになった人


【筋トレ】ダイエット終えてからのベンチプレス160キロ挑戦する

これまでずーっと家トレよりジムだ!ということを語ってきましたが、家トレでもカラダが大きくなった人を僕は3人知っています。

 

それはKTMさんとSRさんとくうしばさんです。

 

3人は筋トレYOUTUBERでカラダも申し分なくでかいです。KTMさんやくうしばさんなんかベンプレ160kgも上げますからね。しかも家トレ歴10年近くになるそうです。

 

ただKTMさんやSRさんは家のガレージみたいなところで筋トレしています。

田舎の実家の人ならガレージがある人は多いかもしれませんが、都市部に住む人はなかなか家にそういう場所がありませんよね。

 

だとしたら純粋に家の部屋にラックを置いてやっているくうしばさんが最強なのでしょうか?家でくうしばさんみたいに筋トレを長く続けられる人なら良いでしょうが、やはり初心者のうちはジムで筋トレをすることを強くオススメします。

 

結局やめてしまえば元もこうもないですから。