サラリーマン筋トレのブログ

サラリーマン業の傍ら趣味で筋トレをやっている者です。サラリーマンはとにかく忙しい!週2の筋トレでカッコいいカラダを作っていけないか日々模索中。そこで得たヒントやノウハウを書いていきます!平成生まれ1児のパパです

デッドリフト・スクワットで底が平らなくつを使っていますか?

こんにちは(^^)/cheesekです。

 

ある夕方ジムに行った時、若い男性がスクワットをしていました。

 

cheesek「おっ、やってるねー。かなり追い込んでいるしこの子は将来伸びるなー。」

 

cheesek「しかも体つきもいいじゃん!140kgくらいまで重量を上げてくるかな。」

 

ーーーーーーーーーーーーーー数分後ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

cheesek「え?110kgでのセットで終わり?しかもかなり息が上がってるし!もっとできるんじゃない?あの足腰なら140kgは固いはずなのに。あ!あのくつは!」

 

 そう。その日ジムにいた彼はなんとランニングシューズを履いていたのです。

 

ランニングシューズというと走りやすさを追求したくつなので底がラウンドになっていたり、地面を蹴りやすいように複雑な形状をしていたり、足に負担がこないようにクッション性を高くしてあるのです。

 

つまり高重量を扱って、足で踏ん張るデッドリフトやスクワットには圧倒的に不向きなシューズを履いていたのです。

 

cheesek「地面のグリップを得やすい靴に変えればもっと重量伸びるのにな。もったいない。」

 

と思いながらも話しかけるのはおせっかいだと思い、その場を去りました・・・・・

 

 

 

 

1.ランニングシューズをはいていてデッドリフトの時に足がぐらついた話

f:id:cheesek711:20181227191902p:plain

僕の経験でくつを変えただけでデッドリフトの記録が大幅に上がった経験があります。

僕が筋トレを始めて1年半ほど経って遂にデッドリフトに本格的に取り組み始めたころでした。

 

始めは90kgから始めて順調に記録が上がっていきついに100kgや110kgでセットを組むようになった時のことです。

 

cheesek「なんか足がめちゃくちゃフラフラするな~」

 

初めは重量が重くなったから足が左右にぶれているのかと思っていました。

 

でも何かが違う・・・・・・

 

え!?もしかしてくつ!?

 

と思いくつの裏を見てみるとなんとくつの端の部分が丸く削れた形となっていて底が平らではなかったのです!そういえば僕はオシャレなくつを買う時は大体ランニングシューズコーナーへ行って買っていたので、足の着地がしやすい角のとれた形状をしたシューズを買っちゃったのかもしれません。

 

これは左右に足がぐらつくな・・・・・

 

と思い、それからというもの底が平らなくつを選んでもっていくことにしたのです。

ちょっとダサいくつだったのではきたくなかったんですけどね!

 

 

2.くつを変えるだけでデッドリフトが100kgから120kgへ

f:id:cheesek711:20181031132207j:plain

くつを変えたらそこからまた飛躍的に記録が向上しました。足がぐらついて100kgも結構きつかったのですが、ポンポン記録が上がっていきました。

 

くつを変えただけで100kgが軽く感じるようになり、110kgも軽く感じるようになり120kgでセットを組んでちょうど良いくらいでした。

足元が安定することでとてもリフトしやすくなったのです。

 

よくBIG3の中でもデッドリフトが最も高重量を上げられると言われています。

僕もその時はベンチに比べたらデッドリフトが大したことなく悩みに感じていましたが原因はくつにあったのです。

 

もしデッドリフトやスクワットで記録が伸び悩んでいたり、軽い重量しかできないと言う人がいたらくつを変えてみるのが一つの手でしょう。

 

 

 

3.理論派筋トレYOUTUBERのshoさんはチャックテイラーをススメている


チャックテイラーを履いてデッドリフト200kgのはずだった

もちろん家にある平らなシューズを使うのも良いでしょうが、デッドリフトやスクワット用に新しくシューズを新調しても良いでしょう。

 

案外平らに見えても平らじゃないシューズもありますしね。

 

そこで僕がオススメするのがコンバースの出しているチャックテイラーというシューズです。

 

このくつは理論派筋トレYOUTUBERのshoさんがオススメしているもので、底が平らで安定性も高くカッコイイです。

 

僕もジムでよく見かける上級者の人はチャックテイラーを履いています。

トレーニー界隈では有名なのでしょうね。

 

筋トレをする環境の何かがネックとなって適切な重量を扱えていないケースというのはよくあります。例えば背中のトレだと弱い握力を補うためにもリストラップは必須です。

 

環境をしっかり整えずにトレーニングすることはとても損です。

くつをはきかえるだけで120kgあげられるのに、足元がぐらついて100kgでやるのはもったいないのです。

 

もし足元に違和感を感じる人がいたらくつを見直してみてはいかがでしょうか?

 

チャックテイラーをアマゾンでチェック

↓↓↓↓↓↓