サラリーマン筋トレのブログ

週2回の筋トレで生きていく

ボディビルの始まりーユージンサンドウについて

こんにちは(^^)/cheesekです

 

みなさんが筋肉に憧れを持ち始めたのはいつ頃でしょうか?

 

ドラゴンボール、バキなどムキムキマッチョな強い主人公が出てくるマンガやアニメを見て筋肉を付けたい!と思った人もいるでしょうし、最近だとカネキンさんがトレーニングしているのを見てカッコイイ!と思って筋トレを始めた人もいることでしょう。

 

僕の場合、筋肉に憧れを持ち始めたのは明確で、シュワちゃんの出演している

 

「ターミネーター2」

 

を見てから筋肉に憧れを持ち始めました。

 

特に好きなシーンはシュワちゃんが裸で過去に送り込まれ、一切の武装なしで酒場に入っていきガラの悪い輩から服を奪うために戦うシーンです。

 

ナイフを刺しても一切効かず、最後にはマスターが出てきて銃を突きつけられるも全く動じずにグラサンを取って終了。

 

もうイケメンすぎますよねー。僕が見た時は小学生でしたがかれこれ30回以上は視聴しました。あの時はまだビデオテープでしたねー。

 

そして僕はてっきりボディビルという競技を立ち上げたのはシュワちゃんだとこの前まで思い込んでいたのですが、それは実は違いました!

よくよく調べてみるとそれは

 

ユージンサンドウ

 

という人物だったのです。これが調べてみる程とても偉大な人物だということが分かり驚きました。

 

ということで今日はユージンサンドウについてまとめて行きたいと思います!

 

 

 

 

1.ギリシャ・ローマの彫刻を見て筋肉に憧れを持つ

f:id:cheesek711:20181007101304j:plain

ユージンサンドウは1867年に現在のロシアのカリーニングラードという土地で生まれ1925年まで生きました。当時カーリニングラードはプロイセンの土地だったので、ドイツ人ということになるのでしょうか。

 

1867年というと日本では大政奉還が成された年。武家社会が終わりを告げ、日本でもそろそろ近代化が始まった時代。そんな頃にユージンサンドウは生まれました。

 

ユージンサンドウが体づくりを始めるきっかけとなったのは、幼少期に父親に連れていかれたギリシャ・ローマ彫刻の展覧会。そこで肉体美を見たユージンはその肉体に強い憧れを持つようになります。

 

できるだけ自分自身がその肉体に近づくために、自ら鍛錬法を研究し19歳には怪力パフォーマンスを披露するまでの実力に成長します

(当時、ボディビルの様な体に作り上げる文化や知識が一切なかったことを思うと、これがどれだけすごいことか考えさせられます。)

 

2.サンドウはフィットネス文化の先駆けをつくった

f:id:cheesek711:20181007101605j:plain

サンドウはその後ヨーロッパを転々とし、1893年に遂にアメリカ入りをします。アメリカでも肉体美によるパフォーマンスは好評で、万博でもパフォーマンスを披露したそうです。

 

 

その後サンドウはボディビルディングに関する本をいくつか執筆。筋トレ器具を開発して売り出したり、食品による健康増進方法等、健康や体づくりに関する新しいライフスタイルを広めていくことになります。そして遂にはロンドンで現代のジムの前身となるヘルスクラブを開設したのです。

 

 

 

3.世界最初のボディビルコンテストには有名なあの人も審査員に

f:id:cheesek711:20181007103254j:plain

体づくりの新しい文化を広めて成功したサンドウは遂に世界初のボディビルコンテスト「グレートコンペティション」を1901年にイギリスで開催することになります。

 

審査はサンドウ他なんとあのコナンドイルも審査員を務めたと言います。コナンドイルと言えばシャーロックホームズの著者であり、名探偵コナンの名前のルーツでもありますよね。

 

さらにサンドウはエジソンの撮影スタジオで自らの肉体美を写真におさめることもし、エジソンとは友達だったそうです。ボディビルの黎明期に関わらず、これだけの歴史的な人物と関わりがあるなんてすごいですね!

 

 

4.ミスターオリンピアの優勝者に贈られるあの像は・・・

 
 
 
View this post on Instagram

Phil Heathさん(@philheath)がシェアした投稿 -

 

皆さんもご存知、ボディビルの最高峰の大会ミスターオリンピア。世界には様々な大会がありますが、ミスターオリンピアはマッチョの王様を決める大会です。シュワちゃんもオリンピアで7度の優勝をしています。

 

そしてそのオリンピアで優勝した人物に贈られるマッチョな像こそが実はサンドウを模した像だったのです!純粋にオリンピアで送られる像のことをサンドウとも呼ぶそうです。

 

 

 

 5.終わりに

f:id:cheesek711:20180803111237j:plain

ユージンサンドウはまだ肉体を作りあげるという文化が無かったころから、それに取り組みそうしたライフスタイルを広めていきました。一切そのような発想が無かったところから生み出すなんてすごいことですよね!

 

今現在、私たちは筋トレのやり方もある程度は知っているし、トレーニングには適切な食事管理、プロテインも飲むことが重要なことも知っています。こうした知識に簡単にアクセスできるのはサンドウのおかげなのです。

 

私たちが今明かりを付けて生活できているのも、サンドウと親交のあったエジソンのおかげで、それくらいサンドウはフィットネス産業に貢献した人物だったのです。

 

ボディビルの象徴と言えば僕はシュワちゃんをイメージしますが、サンドウも素晴らしい人物だということが今回わかりました。

 

ボディビルの在り方も少しずつ変わり、最近ではフィジークが台頭してきています。今現在日本でフィジークを広めているのはカネキンさんを中心とした筋トレYOUTUBER達です。これから数年でフィットネス環境はまたガラリと変わるかもしれません。

 

参考文献:

ユージン・サンドウ - Wikipedia