サラリーマン筋トレのブログ

週2回の筋トレで生きていく

着やせするマッチョがいる話

こんにちは(^^)/cheesekです

 

みなさんの周りに脱ぐとすごいという人はいませんか?

 

そもそも「脱ぐとすごい」という言葉があるように、服を着ていると普通の人なのに、脱ぐとムキムキだと言う人が一定数存在するのです。

 

ちなみに僕自身は脱ぐとすごいタイプではなく、完全な主観かもしれませんが、服を着ていても体格が良く見えるタイプです。

 

会社でもよく、服を着ていても初めて会う人から

 

「体でかいな~」

 

と言われることが多いです。(ただ絞れてないだけ?)

 

今日はマッチョでも着やせするということについて書いていこうと思います。

 

 

 

1.大学時代に出会った友人N君

f:id:cheesek711:20180907191416j:plain

僕が初めてマッチョでも着やせするタイプに出会ったのは大学生の時でした。その出会ったN君はサークルで知り合いました。

 

最初から気さくなやつで、友達をつくるのが苦手な僕にもすぐに話しかけてくれて、みんなと仲良くなるきっかけを作ってくれた人です。

 

身長も168センチくらいと、めちゃくちゃ高いわけではなく、見てくれも優しそうなのでどちらかと言えばかわいらしいキャラの人物でした。

 

しかし1年生の時に初めてサークルで泊まりのイベントに行くことになった時の話です。ちょっとしたレクリエーションでサッカーをした後のことです。

 

施設に併設されているシャワーを浴びることになりました。僕も着替えていると、急に

 

「オオォオオオオオオオオオオ!!」

 

という歓声が聞こえたのです。

 

歓声が上がったのはもちろんN君のほう、僕もすかさず見に行ってみるとそこには鋼の肉体をまとったN君が立っていました。

 

その鍛え上げられた筋肉は僕も初めてお目にかかるもので、高校生までで出会ったどの人間よりも素晴らしい筋肉を誇っていました。イメージ的にはボディビルに近いものです。

 

よくよく話を聞いてみるとN君は元々野球部だったが、筋トレにはまってしまいマッチョになってしまったそう。ベンチプレスは100kgをこえ、最近はゴールドジムに通っているこてこてのマッチョでした。

 

まさかあのいじられキャラのN君がここまでマッチョだったとは、僕もN君を見る目が変わりました。N君は典型的な着やせするタイプだということです。

 

2.着やせ王、佐藤正悟さん

ここで一人マッチョというジャンルの中で最も着やせする人をご紹介させていただきたい。

 

 
 
 
View this post on Instagram

. . 止まれるわけないから 追われる日々追い越し 終わらない旅に。

佐藤 正悟さん(@shogosato1231)がシェアした投稿 -

その名も佐藤正悟さん。

 

その名を聞いたことある人も多いでしょう。日本、世界を問わず数々のフィジーク大会での優勝経験もあるフィジークキングなのです。

 

その筋肉量たるや、ほんまに世界トップクラスなのです。キレもあってバランスもよく、そしてでかい!

 

そんな佐藤正悟さんが服を着るとこうなります。

 

 

 
 
 
View this post on Instagram

. . 今日は服着てます🙃 . . . #秋コーデ#autumn#2017#denim#ファッション#gstarraw#saturdayssurfnyc #アースカラー#earthcolor

佐藤 正悟さん(@shogosato1231)がシェアした投稿 -

どうでしょうみなさん。あり得ないほどマッチョだった佐藤さんがなんと、普通の人に見えませんか?

 

通常あれだけの筋肉を保持していれば、あふれんばかりの筋肉は服を着ていてもわかることがあります。しかし佐藤さんにはその面影もありません!

 

スゴスギマス! 

 

 

3.マッチョが着やせする条件とは?

f:id:cheesek711:20180803111237j:plain

僕の考えた所、ある一定の条件を満たすことでマッチョが着やせすることが判明しました。

 

その条件とは

 

「絞れている」

 

ということです。僕が大学時代に出会ったN君も、佐藤正悟さんの両方ともけっこう絞られている体だったのです。

 

マッチョはバルク期になるとそれはそれは恐ろしい程体が大きくなる人もいます。

しかしいざ絞ってみると案外小さくなっちゃったな~という経験をお持ちの人もいることでしょう。

 

絞って体が小さくなったとは言え、身体はバキバキに絞れているのですから、脱いだらすごい!

 

絞ると身体は小さくなっているので逆に服を着てしまうと着やせしてしまうという現象が起きてしまうようです。

 

ただ人によっては絞り期になって服を着た状態でもかなりでかく見える人もいます。

やはり多少なりとも個人差があるようです。

 

 
 
 
View this post on Instagram

大会まで残り5日。毎日が忙しいと日が経つのが早い。

Shun Kanekoさん(@kanekinfitness)がシェアした投稿 -

 服を着ててもでかいのがわかるカネキンさん。

 

4.筋肉が太くなってファッションが楽しめなくなるという過度な心配は不要

f:id:cheesek711:20180907191854j:plain

筋肉が太くなりすぎてファッションを楽しめなくなる。

足が太くなると細いパンツが履けなくなる。

Tシャツがパツパツになる。

 

過度な心配は不要です。

筋肉をつけたとしてもしっかり絞ることができれば、個人差があるとは言えマッチョな体型を維持したまま細いパンツをはくことも可能です。

 

先ほどの佐藤さんのインスタ画像が正にそうで、しっかり細いパンツをはいておられます。それに私服カッコイイですよね!

 

服がきれなくなるなどの心配はせずに、しっかり筋トレをして、カッコイイ、美しいカラダづくりにはげみましょう。筋肉をつければボディラインも美しくなります。

筋肉はファッション忘れずに。