サラリーマン筋トレのブログ

週2回の筋トレで生きていく

仕事で忙しい時筋トレはどうしたらいいの?

こんにちは(^^)/cheesekです

 

皆さんサラリーマンしていますか?

働く人のほとんどがサラリーマンとして働いています。一定の報酬をもらう代わりに決められた時間に決められた場所で働かないといけません。その間はほとんど仕事以外には自由が利きません。中には残業をして朝早くから夜遅くまで働いているひともいるでしょう。

 

僕の会社は残業は月に10時間程なので少ない部類だと思うのですが、転職してきた人たちに聞くと僕の倍以上の労働時間で働いていた人も!!!それだけ働くとなれば、心身ともに疲れ果て筋トレしている気力も時間もありません!!

 

そんな人はどうすればいいのか?

 

今日は僕が考える解決策をご紹介したいと思います!!!

 

 

1.種目をしぼる

f:id:cheesek711:20180609203925j:plain

 

まず最も効果的な手段と思えるのは種目をしぼるということです。仕事もプライベートも何もかも頑張る人は筋トレも限界まで追い込みがちです。もちろん世の中にスーパーマンみたいな人はいて、仕事もハードにやっているのに筋トレもすごく追い込んで、かつ継続できていると言う人がいます。

 

しかしほとんどの人はごくごく平凡な人。僕もまたその一人。筋トレはめちゃくちゃ追い込まずとも種目をしぼって効果的にやることで、ある程度筋肉を成長させることは十分可能なんです。平凡な人は使えるエネルギーが限られているので有効に使わなければなりません。仕事でかなりエネルギーを使ってしまっている以上、筋トレは短時間で種目をしぼって集中するべきなのです。

 

☆ベンチプレスのみという方法もある

もう究極的に忙しくて筋トレに時間も気力も割けないよ~という人は、ベンチプレスだけを徹底的にやっていくという方法もあります。ただし10回が限界回数×3セットは確実にこなしてください。そして10回を3セットクリアできたら重さを2.5㎏~5㎏ずつアップさせて負荷を上げていくことが重要です。

 

ベンチプレスだけでも上半身がかなり鍛えられます。ベンチプレスで動員される筋肉は胸、肩、腕回りと上半身のほとんどの筋肉が対象となってきます。

 

f:id:cheesek711:20180603194416j:plain

筋トレを開始して1年後の時、ベンチプレスばかりやっていた


 

☆次点でデッドリフト

ベンチプレスをやって、まだ余力がある人はデッドリフトもやってみることにしましょう。デッドリフトで鍛えられる筋肉は背中全体、そして脚も鍛えられることが最大のメリットです。ベンチプレスとデッドリフトで細かい部分は抜きにして全身ほとんどの筋肉が鍛えられるようになっています。時間が足りないと言う人にはうってつけのメニューですね。

 

 

www.cheesek.com

 

 

注意点としては、ベンチプレスとデッドリフトはどちらも他の筋トレに比べ全身運動になるので、大きく体力を消費することです。どちらも導入して疲れ切って途中で筋トレを辞めてしまっては本末転倒です。あくまで効率的に継続していくことが一番大切なことです。

 

2.24時間営業のジムに入会しよう

f:id:cheesek711:20180503123459j:plain

 

種目をしぼる次に大事なことは24時間制のジムに入会することです。こうすることでいつでも好きな時にジムでトレーニングができてしまうメリットがあります。

 

忙しいサラリーマンはどうしても時間の自由が利かないものです。。朝早くから夜遅くまで働く人は通常のジムだと仕事が終わるころには閉まっているということもあります。そうすると土日にジムに行くことしかできず、さらに土日もプライベートな用事でうまると1週間筋トレが全くできないという状況に、、、、、

 

24時間ジムにすることで仕事終わりにサクッっとジムによって汗を流して帰ることも有りです。土日にプライベートな用事がある人は金曜の夜にガッツリやるのもありですよね!翌日仕事がある人はあくまでサクッっと終わらせて帰ることで、翌日体力を残したままワークアウトライフを送ることができるでしょう。

 

www.anytimefitness.co.jp

 

 

joyfit.jp

 

 

3.家トレにする

f:id:cheesek711:20180527170015j:plain

 

どうしてもジムに行けないと言う人はこの際思い切って家トレにしてしまうのもアリだと思います。ジムに入会しているけど、仕事が忙しくて全然行けてないと言う人は絶対そうした方がいいと思います。家トレにすることで時間とお金両方の大幅なコストカットに成功します。

 

家トレにすると気分がのらないと主張する人がいるかもしれませんが、そもそもジムに入会していても行けてないわけですから無駄なコストはカットするべきだと思います。

家トレにすることで、筋トレができなくても被る損失をゼロにすることができるんです。さらにジムまで行く時間と労力のコストカットもすることができるんです。

 

家トレでも十分に筋肉をつけることができます。もちろんジムにいったほうがよりつけることができますが、腕立てをするだけでも体を大きくすることは十分可能です。その際は、昨日も紹介したメトロンさんの動画を参考にしてみてください。↓↓↓↓

 


胸を大きくする3分間6種類の最強自重胸トレメニュー!【効かない訳が無いトレ】大胸筋トレーニング 筋トレ

 

4.忙しくてもカッコイイ体は可能

f:id:cheesek711:20180614115601j:plain

忙しくてとても筋トレができない、、、、

ジムに入会しているけどいけていない、、、、、

ニュースでも取り上げられるように、日本はまだまだ欧米に比べると労働時間が長く趣味活動に費やせる時間はとても限られています。

 

今思いましたが長時間労働が日本のフィットネス文化拡大の行く手を阻んでいるのかもしれません。もちろんこうした社会環境は時代と共に少しずつ改善されつつありますが、まだまだ時間がかかるようです。

 

従ってサラリーマンをやりながら理想の体を目指していく私たちも工夫を凝らしながら筋トレを継続していかなければなりません。筋トレでも最も重要なことは継続!!

限られた時間、エネルギーを活用して理想の体を目指していきましょう!