サラリーマン筋トレのブログ

週2回の筋トレで生きていく

風邪を引いている時筋トレをやってはいけない理由

こんにちは(^^)/cheesekです

f:id:cheesek711:20180110140152j:plain

今年も漏れなく風邪を引いてしまいました。風邪といっても本当に軽い風邪で、症状はあまりでなく、ただ何となくだるいなあとか、ちょっと鼻がつまるな程度で、風邪と見極めるにはとても難しい風邪でした。

 

昨日も体調が良かったので筋トレ行くかーくらいにはなっていたのですが、ここで大きくこじらすと後々に影響が出てきそうなので、今日はやめておいて休養をとることにしました。案の定夜少し熱が出たので行かなくてよかったと思っています。

 

で!昨日の筋トレを休んだことでトレーニングスケジュールが大きくずれてしまいました。現在前の脚トレをしてから9日が過ぎようとしています。。。。。

それでも風邪の時は筋トレを休んだ方が吉と言えます。その理由とは............

 

 

1.筋トレをすることで大きく風邪をこじらせる

f:id:cheesek711:20180110140340j:plain

筋トレはそもそもとてつもないハードな運動です。なんでかというと筋トレの目的は筋肉を疲労させ破壊することにあるからです。他のスポーツを趣味で楽しむ人もいるでしょうが、趣味で楽しむスポーツは基本的には体を動かしてストレス発散させたりだとか、楽しむことに目的があるはずです。体を限界まで追い込むことはしません。

 

一方筋トレは筋肉の特定部位を追い込んだり、人によっては翌日使い物にならなくなるまでダメージを与える人もいるでしょう。身体のあちこちに炎症を起こさせるのですから、筋トレが体に与えるダメージは相当なもので、筋肉痛の回復には2~3日を要するとまで言われています。

 

僕も1回、デッドリフトをしたことで風邪を引いた経験があります。デッドリフトを終えて帰ろうとした瞬間に鼻の奥にもぞもぞとした違和感を感じ、家に着いたときには体がだるくなっていて風邪を引いてしまいました。つまり筋トレをすることで引き始めの風邪を大きくこじらせる可能性があるのです。筋トレをしなければ2~3日で治る風邪が、場合によっては1週間治らなくなってしまうということです。無難に筋トレをすることは避けた方が良いでしょう。

 

2.筋トレのパフォーマンスが良くない

f:id:cheesek711:20180110140450j:plain

ではもし仮に少し身体にだるさを覚えながら筋トレに行ったとしましょう。今日休んだら筋力が落ちてしまうのではないか?という焦燥感にかられて行ったとします。おそらく自分の発揮できる力を発揮できずに終わることでしょう。

 

筋トレは、自分の筋肉の持ちうる最大の力を発揮することで追い込むことに意味があるのですから、もし自分の筋肉が持っている力を体力の影響で最大限発揮できないとしたら、ただ疲るだけで筋肉は追い込めずに終わってしまいます。風邪で体力が低下しているからです。それよりかは、今日は筋トレに行かずに休養に充て、一刻も早く風邪を治すことに集中しましょう。

 

 

3.風邪ウイルスをやっつけるためにただでさえ身体は忙しい

f:id:cheesek711:20180110140622j:plain

人間が風邪を引いたときは、風邪ウイルスをやっつけるためにただでさえ忙しい状態です。そこに筋トレをして、破壊した筋肉も治せと身体に命令するのは酷なことです。

仕事で言えば、カフェで言えばランチのピークタイムでただでさえ忙しいのに30人の団体のおばちゃんが来た時のようなものです。

 

ウイルスをやっつけるために白血球を増やし、熱を上げ、ウイルスを排出させるために鼻水と咳を出す。そこに筋肉痛が起きたので、炎症を抑えなきゃいけないし、大量のたんぱく質をさばいて筋肉を修復をさせないといけない。そこに色々なサプリメントを飲めばその栄養も処理しないといけない。大忙しです。身体が1度にできることは決まっているので、風邪が治るのは遅くなるし、筋肉痛の治りも遅くります。やはり筋トレをやらない方が無難と言えるでしょう。

 

4.風邪を治すために

f:id:cheesek711:20180110140720j:plain

とにかく今日は筋トレを休みましょう!筋肉はそんな簡単にすぐには落ちません。今日はとにかく一刻も早く風邪を早く治しましょう。風邪を治すポイントは

 

★症状が重い場合は風邪薬を飲む

風邪の時に出る咳や鼻水、熱などの症状は基本的にウイルスをやっつけるための身体の防衛反応です。むやみに症状を抑えるのは良くないことですが、症状があまりにも酷い場合は逆に体力を奪われるので風邪薬を飲むと良いでしょう。

 

★とにかく体を温める

身体を冷やすと風邪を引くように身体が温めれば身体の防衛力が高まりウイルスは死んでいきます。身体を冷やさないように気を付けましょう。体を温めるしょうが湯や葛根湯などはオススメです。

 

★水分をよく摂ろう

水分をとるのは大事です。のどを潤すことでのどの免疫力が高まりますし、鼻水などで身体の水分が抜けていきますからこまめに水分を取りましょう。水分を摂ることで体の血の巡りも良くなり治癒力が高まります。