サラリーマン筋トレのブログ

週2回の筋トレで生きていく

筋トレが生み出す3つのファッション効果

こんにちは(^^)/cheesekです

 

今回は「筋トレが生み出す3つのファッション効果」ということについて語ろうと思います。

 

僕は学生時代までオシャレというものに全く興味がありませんでした。というのも太っていたということもあり、どんな服を着ても同じだと思っていたからです。服は全部しまむらかユニクロ、全身黒、シルエットはだぼだぼ、着やすさ優先。自分から出るオーラは、なんとなくもっさりしていたように思います。

 

それからというもの、筋トレをしだして痩せ始め、最近はやっているスキニージーンズを初めてはいてみると、自分がとてもカッコよく見え、オシャレって楽しいと思えるようになってきました。筋トレをするにしたがって、肩幅も広がりウエストもしまって逆三角形になり好きな服を着て楽しんでいる今日この頃であります。

 

 

1.筋トレで体型が変わり、色んな服が似合うようになる

f:id:cheesek711:20170928222134j:plain

まず筋トレの第一の効果は、筋トレによって体型が変わることにより色んな服着ることができ、その結果オシャレになるということです。ファッションはシルエットとも言うように、太っている人がいくらオシャレな服を着たとしてもオシャレではありません。

 

たまに太っている人がオシャレな服を着ていて「おっしゃれ~♪」ということはあるでしょう。しかしそれはおそらく服のことがオシャレであって、やはりスリムな体型をしたオシャレさんには負けてしまいます。ファッションショーに太っている人が出ているところを見たことはありません。

 

したがって、筋トレによって体型が変わることで色んな服が似合うようになり、ファッション雑誌に載っている服をそのまま着れるようになることでオシャレになることができます。僕自身もデブの時はファッション雑誌なんて見ていませんでした。なぜかというと自分の着れる服がないからです。痩せてからというもの、ファッション雑誌の服がそのまま着れるようになったので頻繁にみるようになりました。ちなみに僕が好きなのはベッカムファッションです。

 

2.筋肉自体がファッション

f:id:cheesek711:20170928222240j:plain

2つめのファッション効果は筋肉自体がファッションというものです。これをわかってもらうためにはまずハリウッドセレブを想像するのが一番良いです。ハリウッド俳優のクリスヘムズワースはものすごい筋肉を持つ俳優さんとして有名です。その証拠に、アベンジャーズの怪力キャラであるあのハンマーを持った役をも演じています。

 


「マイティ・ソー バトルロイヤル」クリス・ヘムズワース&マーク・ラファロ「コンニチハ ジャパン!」

そのクリスヘムズワースの着ている普段着はとてもシンプルなものばかりです。たまにしまむらで買ったかのようなヨレヨレのTシャツを着ていたりするのですが、それがめちゃくちゃにあっているというのです。とてもセクシーなんです!それはもちろん筋肉があるからなんです。Tシャツから垣間見える筋肉によってセクシーさや男らしさがにじみ出てそれがオシャレに見えてしまうわけです。

 

ファッションとは元々はそこから得られる印象がファッションだということができると思います。例えばフォーマルなスーツをバシッときめれば厳格な感じでオシャレ!ともいうことができますし、リゾート感のある服装で固めれば南国風になりオシャレ!ともいうことができるわけです。ファッションから何かしらのメッセージが読み取れればオシャレということができるんです。

 

筋肉がついていると、男らしさやセクシーといったメッセージが感じられると思います。クリスヘムズワースに限らず日本でも格闘家の魔裟斗さんからは、男気が感じられオシャレに見えますし、ケインコスギさんなどのスポーツマンからは爽やかさや健康的だというイメージが感じられると思います。筋肉がついていること自体がオシャレが語られるということなんです。

 

 

3.筋トレというライフスタイルがファッション

f:id:cheesek711:20170928222013j:plain

 3つ目は筋トレをするという生き方自体がファッションであるという効果です。

ある日仕事が昼からの日がありました。僕は午前中が空いていると思い、すかさずジムに行ってから出社しました。すると女性社員から「朝ジム行くなんてニューヨーカーみたいですね」と言われました。

 

欧米でフィットネスを楽しんでいる人たちは、会社に行く前早朝にジムに行く習慣があるそうです。僕がラスベガスに行ったときもホテルのジムは朝6時から大盛況でした。欧米は日本に比べファッション性に優れています。iPhoneもベンツも北欧家具もすべて西洋のものです。筋トレをすることで欧米のファッション性に近づけるのです。

 

さらに筋トレには健康効果もあります。最近ではナチュラルなことや、ヘルシーなことがオシャレだと捉えられる場合があります。その代表例が無印良品でしょう。無印ではナチュラルで健康的なオシャレな商品が取り扱われています。筋トレをフィットネスという言葉に置き換えれば、健康に気を使っていてオシャレなんだなというイメージが持てると思います。

 

オシャレなウェアでジムへ行き、家に帰って健康的な食事をとり、シャワーを浴びた後ハイセンスな服を着て街へ繰り出す。これができるのは、フィットネスというライフスタイルが生み出すオシャレな文化、たしなみなのです。

 

筋トレを組み込むことによるライフクォリティの向上はとても高いものがあります。みなさんもぜひ楽しんでみてください^^