サラリーマン筋トレのブログ

週2回の筋トレで生きていく

トレーニングベルトをいつ着けるべきか

こんにちは(^^)/cheesekです

 

最近トップサイドデッドリフトにめっぽうはまっております。というのも自分では扱ったことないような高重量を扱えるからなんですよねー

 

僕はベンチはMAX110kg、普通のデッドリフトは170kg、スクワットは120kgくらいなのですが、トップサイドデッドリフトはなんと190kg程で現在セットを組んでいます!190kgを8回くらいできるんです!

 

やはり高重量を扱うのは自分が強くなったようで爽快ですよ~♪

ということで今回はデッドリフトに絡めて、トレーニングベルトをいつ導入するべきか書いていこうと思います。

 

 

1.結論:骨に違和感を感じ始めたら買おう!

f:id:cheesek711:20170922162605j:plain

☆腰骨に違和感を感じたら

まず結論から申し上げますと、腰骨に違和感を感じ始めたら買うべきだと思います。僕の場合デッドリフトはまず110kgから始めセットを組んでいきました。順調に記録を伸ばしていき140kgでセットを組もうと思ったら、、、、、、!!!???

 

☆腰ピキに注意

何か背骨がおかしいんです。なんかピキピキなってるような。。。。筋肉に刺激がいっているというよりは、骨にも負荷が乗っちゃっている感じです。ピキピキというと、本当にピキピキなっちゃうとそれはもう腰が逝っちゃう可能性があるので、腰に違和感を覚えたらそろそろトレーニングベルトを導入し始めましょう。

 

☆僕の場合140㎏でアウト

僕の場合その境界線はハッキリとしていました。130kg、135kgまでは全然いけたんです。骨自体にもダメージがあまりいきませんでした。それが140kgとなると腰骨の負担がとても強く、疲労もすぐには抜けない感じがありました。

 

2.トレーニングベルトの選び方

f:id:cheesek711:20170914214027j:plain

☆トレーニングベルトの価格

僕が買ったトレーニングベルトはこちらです。

 

ゴールドジムのものでお値段は5000円弱でした。これを使うようになってからは、腰の安定感が増しています。腰を外から締め付けて、腰が重さに負けないように支えてくれます。

 

 ☆太いトレーニングベルトを買うべし

トレーニングベルトには細いものもあるので注意です。トレーニングベルトといっても、初心者用のものから、本格的なものまで色々とあるようです。ベルトが細いものだと、圧が足りないので高重量向きではありません。買うときはゴールドジムのものが本格的ですし、そちらのほうがいいでしょう。

 

 ☆ベルトの固定方法の違うものも

あとトレーニングベルトには、普通のベルトのように穴にピンを挿して固定するものと、レバーアクションタイプのものがあります。レバーアクションのもののほうが安定性は高いですが、扱いが少々難しいところがあるので、初級~中級者は通常のもので十分でしょう。

 

 

3.腰を怪我すれば全てのトレーニングに支障が出る

f:id:cheesek711:20170914214505j:plain

☆あらゆる種目で腰を使う

腰をケガしたら全てのトレーニングに支障が出ると言われています。というのも、あらゆる種目をする際に腰を必ず使うからなんです。腰は体を安定させるためにとても重要な役割を果たしています。ベンチをする時も、体が左右にふられないように腰に力が入って体を支えています。アームカールをしているときですら、重りに体を持っていかれないように腰が安定性を保つように働いているんです。

 

☆デッドリフトに注意 

デッドリフトは腰をケガしてしまう可能性の最も高い種目と言えるでしょう。したがってデッドリフトを取り入れたならばトレーニングベルトは即買うべきだと言えます。しかしデッドリフトをいつまで続けるかわからない、ベルトを使わなくなったらどうしよと迷っている人は腰に違和感を覚えたタイミングで購入するといいでしょう。